株式会社Rush up (採用サイト)

キャリアについて|株式会社Rush upのリクルートサイト

キャリアについて

キャリア・役職

career

社員の平均年齢が若い会社ですが、頑張りや成果次第でしっかりとキャリアアップでき、入社数年でマネージャーへ昇格も可能です。自分自身がどれだけ一所懸命やったかで評価はきちんとついてきます。Rush upはその成果に対してきちんと評価する仕組みです。自分の目標をしっかり持ち、成果をあげるため仕事に取り組んでいる社員が今日もRush upでは活躍しています。

チームリーダーになるために

チームリーダーは自身が率先して行動し、成果をあげながら、3人~5人のチームをまとめます。個人成果をしっかり出し、リーダーとしてのチームをまとめることができる素質を認められた社員がチームリーダーとなります。
最短で、入社から4カ月でチームリーダーとなった社員もいます。

サブマネージャーになるために

マネージャーとコミュニケーションを取りながらチーム管理・人材教育などを行うのがサブマネージャーです。メンバーの適正を把握し、チームがうまく進んでいくように人員配置なども行います。ただ成果をあげるだけでなく、全体を把握しチームをまとめあげられたチームリーダーがサブマネージャーとなります。

マネージャーになるために

マネージャーはメンバー・チーム全体の管理をする役職です。目標達成をするために全体としてなにが必要か、メンバーの適正を把握し、より良い方向に進めていけるように管理をします。方向性の統一を図りながら、一人ひとりの能力を引き出させることができるサブマネージャーがマネージャーへと昇格します。

job and expected role

それぞれの役割と
期待されること

一般

集客に悩むお店にアポイントを取り集客がどうすれば成果がでるか適切な提案をする。ただアポをとって、売るのではなくお客様に寄り添い提案をしています。

チームリーダー

自身が率先して行動し、成果をあげながらメンバー全員が共感する方向性やビジョンを示し、全員が同じ方向を向くようにチームを一体化させることがチームリーダーはとても大切です。

サブマネージャー

チームに関して、マネージャーと密にコミュニケーションを取りながら管理・人材教育などを行います。チームのバランスなどをしっかり把握することが肝心となっています。

マネージャー

マネージャーは目標達成に向け全体を管理して導くことが大きな役割です。マネージャーに求められる能力は、全体のモチベーション管理や論理的思考とコミュニケーション能力です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。